【実体験】街コンで出会うことはできる!?はじめてのデートに誘うコツ!

街コンで出会うことは出来る!?

「いざ街コンに参加しても、どうやって女の子にアプローチすればいいんだ…」

街コンに参加する男の誰しもが抱えている悩みです。

そもそも好みの異性と出会うことは出来るのでしょうか。

答えは出来る!

女性は参加費の安さからか楽しみを求めて軽いノリで参加している人も多いですが、そんな人たちも全く出会いを求めていないわけではありません。

まずは知り合い、アプローチを重ねて距離を縮めていき、その先へ…

筆者が街コンで出会った女の子と初めてデートするまでに意識している5つのことを一挙ご紹介!

⇒女性が引いてしまう男性の特徴

女性に聞いてみた!街コンで付き合う確率を下げる男性の特徴 女性に聞いてみた!街コンで付き合う確率を下げる男性の特徴

 

着いたらまずは周りを見渡し好みの子をターゲットせよ

着いたらまずは周りを見渡し好みの子をターゲットせよ

街コンのように出会いを目的にした人たちが大勢集まるようなシチュエーションは日常ではまず有り得ません。

最初から結婚を視野に入れて参加している人もいれば、同性の友達が出来ればいいなと軽いノリで参加している人まで様々ですが、全員の共通目的は同じ。

今日初めて出会う人と仲良くなりたい

実はこの共通の認識は出会いを成立させるための難易度をかなり下げています。

例えば、街中で急に声をかけられてもまずは警戒しませんか?

街コンの場にいるだけで、既にその壁は突破されているようなもの。

そんなありがたい場所に自分の好みの子がいたらどうでしょう。

あなたは全力でその子へ向かうのみです。ロックオンしてしまいましょう!

お目当では無い人にはそれなりの対応でいいんです。ちょっと塩対応だからといってイベント後に怒ってくる人などいません。

いざというとき隣の同性に追い越されないように一点集中でいきましょう!

印象に残るような積極的なアプローチを繰り出せ!

印象に残るような積極的なアプローチを繰り出せ!

好みの子の前でいかに積極的になれるか

少し抽象的ですね。

要するに、相手に自分の印象(記憶)を少しでも強く持って貰う必要があります。

あなたは好みの子に一点集中しているので、顔も名前もすぐに覚えることが出来る。

しかし、相手はどうでしょう。10人以上いる異性の中で何人の名前と顔を覚えておくことが出来るのでしょうか。

自分に置き換えてみたら分かりやすいですが、顔と名前が一致する人は良くて数人ではないですか?

あなたはその中の一人になるべく印象的なアプローチをしていかなければなりません。

では、具体的にどうするのか。

コミュニケーションをとる

当たり前じゃないかと、そんな声が聞こえてきそうですが、これが意外とできてない人が多いんです。

注意
  • 自分の事を話しすぎる
  • 聞き手になりすぎる

緊張してしまうと、どちらも無意識にやってしまいがちなので気をつけなければなりません。

自然な会話の中で私が意識的に実践していることはコチラ

意識していること
  • 基本スタンスは相手に話してもらう
  • 大げさに共感する
  • さり気なく褒める

慣れればあまり難しくはないですよ!

最初のうちは共感できそうな話題(出身地や仕事・趣味の話)や質問をあらかじめ準備しておくと突然の沈黙に焦ることはなくなります。

自分の事について興味を持ってくれる人がいたら気になりませんか?

自分から連絡先の交換を提案しよう

自分から連絡先の交換を提案しよう

街コンでは半ば強制的に連絡先の交換タイムを設けているイベントもありますが、あってもなくても自分から連絡先の交換を提案すると効果的です!

このタイミングで断る人はほとんどいないので自信を持って自分からいきましょう。

もちろん気になっている子にめがけて提案するんですよ!

稀にスマホが壊れたとか、忘れたなんて言う人もいますが、そういう人は友達の付き添いで来ただけなんだと割り切って気にしないことです。

最初のやり取りの時に会話の中で印象的だったコメントを打っておこう

ありがちなのが、ラインで連絡先を交換した最初のやり取りにスタンプだけ送信するというもの。

もったいない!これでは他の同性たちとやってることは同じで自分をアピールすることはできません。

私が連絡先を交換する時に実践してみてうまくいった方法が「会話の中で印象的だったコメントを添える」というもの。

難しく考える必要はなくて、「〇〇の人です」みたいな簡単なコメントでも大丈夫です。

ただ、これは単純に自己紹介というよりは、先ほどの会話の中で盛り上がったことや、少しふふっと笑えるようなコメントだとより良いです。

できれば、交換した直後に相手にちゃんと届いているか目の前で確認してもらうと効果的ですね!

その日のうちに連絡を取り、コミュニケーションを続けよ

その日のうちに連絡を取り、コミュニケーションを続けよ

さて、このあたりからロックオンした気になる子をデートに連れ出すことが出来るかの分かれ道になっていきます。

私がここで意識していることは、イベントがあった当日に連絡を取るということ。

それもすぐに送るのではなく、数時間経った頃に送るようにしています。

こればかりは効果があるか分かりませんが、一応理由はあります。

相手が家に帰って一人で落ち着いている時間を狙う。

そもそもの前提として、私は基本的に2次会には誘いません。もちろん同席していたところで盛り上がって行くことになれば参加しますが…

他の同性が必死に誘っていてもそこは静観。

落ち着いてから連絡して、返事が返ってきたら、紳士的に且つマメに連絡を取ります。

返事が遅いのは脈がない?

経験上1日以内に返ってきていれば、気にすることはありません。

実際、返信が遅い人はかなりいます。

こちらとしては、返信が遅いと不安にもなるし心配してしまいますが信じて待ちましょう。

相手の仕事柄はなんとなく街コンの時に聞いたかもしれませんが、定時で仕事が終わるのか、残業がかなりある仕事なのか、飲み会の頻度が高いのか…etc

よくよく考えてみると、まだ相手の生活リズムは詳しく知らないはずです。

ここはグッと堪えて返ってきた返事に心を込めて返すことに集中しましょう。

それなりにコミュニケーションが取れたら最後のステップへ!

2週間以内に食事へ誘え!

2週間以内に食事へ誘え!

単なるチャット友達ではないので、もう一歩踏み込んでいかなければなりません。

それは、実際に会って話すこと

2週間以内というのは、個人的に目安としているリミットです。

印象が良かったと言っても1度あっただけの人の顔を1ヶ月も見てなかったら忘れてしまいませんか?

なので、2週間以内。そしてこれは再度顔を合わせるデート当日も含みます。

つまり、2週間以内のどこかで日程を合わせて食事なり映画なり連れ出そう!ということです。

私の場合、数日間連絡を取り続けることができたら食べ物系の話題に誘導して、「一緒に行きませんか?」という流れで誘います。

「良いですね!」となれば、すぐさま日程の調整までしてしまいましょう!

ここで日程をはぐらかされたり、反応がイマイチであれば、まだコミュニケーションが足りないか、脈なしです。

友達を誘ってもいい?と聞かれた場合

誘った側としては、脈なしか…と思ってしまいそうですが、ここはシンプルに次のデートのステップとしてポジティブに受け止めましょう!

実際に私も経験しましたが、女の子に聞いてみると、

「最初から2人きりは緊張するし、まだ相手のことをよく知らないから不安だから」

この後、2きりで会う約束を取り付けることが出来れば、この上ない喜びに包まれることでしょう!

おわりに

たまに街コンに出会いがないという声を耳にします。

しかし、「出会いがない」という表現は面白いもので、それって完全に誰かから声をかけられるのを待っている状態の結果、思い描いた人から声を掛けられなかったということではないでしょうか。

たしかに思い描く人から声を掛けられたら素晴らしいことですが、よっぽどの有名人か外見が優れているひと以外ありえません。

であれば、やることはひとつ。

自ら出会いを作る。

幸い街コンには普段のあなたを知る人はいません。普段通りにする必要もなく、たとえ恥をかいたとしてもその一瞬のみです。

さあ、勇気を出して一歩前に進みましょう!
シャンクレール公式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です